【スポンサーリンク】

ニック・ヤング「今季のMVPはレブロン・ジェイムス」

NBAは先日、今季のMVP最終選考に残った3名を発表した。

最終選考リスト入りしたのは、ミルウォーキー・バックスのヤニス・アンテトクンポ、ロサンゼルス・レイカーズのレブロン・ジェイムス、ヒューストン・ロケッツのジェイムス・ハーデン。

多くのファンやアナリストはアンテトクンポの受賞を予想しているが、元レイカーズのニック・ヤングはジェイムスを推している模様。

clutchpoints.comによると、ヤングはジェイムスをMVPに推す理由について、SNS上で次のように説明したという。

なぜブロンがMVPを受賞すべきなのか・・・

このチームから彼を除いた場合、彼らはプレイオフに進出できるかい?

レイカーズは第1シード。

彼らはブロンがいなければプレイオフに進出することですらできないんだ。

ジェイムスは昨季もレイカーズの一員としてプレイしたが、ゴールデンステイト・ウォリアーズとのクリスマスゲームで負傷し、長期離脱を余儀なくされた。

昨季のプレイオフに進出できなかったのは、ジェイムスの離脱が大きく影響したと見て良いだろう。

とはいえ、バックスとロケッツにも同じことが言えるかもしれない。

なおハーデン、ジェイムス、アンテトクンポの今季のスタッツは以下の通りとなっている。

J・ハーデンL・ジェイムスG・アンテトクンポ
出場試合数656562
平均出場時間36.734.830.8
平均得点34.325.429.8
平均リバウンド6.48.013.7
平均アシスト7.510.35.7
平均スティール1.81.21.0
平均ブロックショット0.90.51.1
平均ターンオーバー4.53.93.7
FG成功率44.0%49.5%55.4%
3P成功率35.3%34.5%30.4%
フリースロー成功率86.3%69.3%62.9%

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA