【スポンサーリンク】

イシュメイル・ウェインライト「どんな結果になっても下を向くつもりはない」

イシュメイル・ウェインライト「どんな結果になっても下を向くつもりはない」

トロント・ラプターズは現地14日、NBAプレシーズンの全日程を終えた。

ラプターズのレギュラーシーズンロスターは12枠埋まっており、レギュラーシーズンロスター14枠でNBA2021-22シーズン開幕を迎えるなら、渡邊雄太、サム・デッカー、イシュメイル・ウェインライト、アイザック・ボンガが残り2枠を争うことになる。

現時点で渡邊雄太のロスター入りはほぼ確実とされているため、実質的にはデッカー、ウェインライト、ボンガが残りの1枠もしくは2枠をかけて争うことになるだろう。

そんな中、ウェインライトがロスター入りについて語った模様。

レギュラーシーズンロスター入りを目指してアピールする機会を与えてくれたラプターズに感謝しているというウェインライトは、次のようにコメント。hoopsrumors.comが伝えている。

どんな結果になったとしても、僕は下を向くつもりはない。

僕の家族はいつもこう言っているんだ。

「ひとつの扉が閉じたとしても、他の扉が開く」とね。

僕はより良い大人、より良いバスケットボール選手、より良い人間になってきている。

どんなことが起きようとも、僕は最初から最後まで全力を尽くしたんだ。

デッカー、ウェインライト、ボンガは素晴らしいトレーニングキャンプを送り、誰がロスターに選出されるかはまったく分からない。

非保証契約の選手を抱える多くのNBAチームは現地16日までレギュラーシーズンロスターを決定しなければならないが、デッカー、ウェインライト、ボンガの契約は部分保証されているため、現地18日まで猶予がある。

果たしてこの3人のうち誰がラプターズのレギュラーシーズンロスター入りを果たすのだろうか?

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA