【スポンサーリンク】

スコッティ・ピッペンがGOATにコービー・ブライアントを挙げる

NBA史上最も偉大なプレイヤー「GOAT」は誰なのかという議論になると、多くの人々が”バスケットボールの神様”ことマイケル・ジョーダンを挙げる。

それと同時に挙がるのが、ジョーダンを模倣したプレイスタイルを身につけ、素晴らしいキャリアを送ったコービー・ブライアントだ。

だが、ジョーダンより先にブライアントを挙げる者は決して多くない。

そんな中、ジョーダンと共にシカゴ・ブルズを2度のスリーピートに導いたスコッティ・ピッペンがGOAT議論に参戦した模様。

ピッペンによると、ブライアントはジョーダンを上回り、凌駕したという。ピッペンのコメントをfadeawayworld.netが伝えている。

コービーはマイケル・ジョーダンになるためにものすごく努力した。

私は彼の映像を見て、自分自身にこう言っているんだ。

「彼はマイケル・ジョーダンより優れていた。彼はすごくハードに働いていた。高校からNBAに入った。ディーン・スミスの下、ノースカロライナ(大学)でプレイしなかったんだ」とね。

ピッペンによると、ジョーダンとコービーは師弟関係にあったものの、弟子が師匠を上回ったという。

ジョーダンのようにバスケットボールの発展にも尽力し、ビジネスも展開していたブライアント。

これからも多くの人々はジョーダンをGOATに挙げるだろうが、ブライアントの名がGOAT議論から外れることもないだろう。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA