【スポンサーリンク】

チームUSAがメキシコに勝利!決勝トーナメント1回戦を難なく突破!!

FIBAバスケットボール・ワールドカップの決勝トーナメント1回戦、チームUSA対メキシコ代表の試合は、86-63でチームUSAが勝利。

順当に決勝トーナメント2回戦へ駒を進めた。

予選のグループリーグでは出だしの鈍さが気になっていたチームUSAだが、この日は序盤から攻勢を仕掛け、第1Qだけで10点のリードを奪う。

その後もリードを広げ、勝利を飾ったチームUSAだが、この試合のヒーローはやはりステフェン・カリーだろう。

ワールドカップではなかなか調子の上がってこなかったカリーが、この日は3ポイント9本中6本を成功。

チームハイの20得点、4アシスト、1スティールを記録し、チームUSAを勝利へ導いた。

マイク・シャシェスフキーHCは、試合を振り返り、「最後数分まで、我々は良いディフェンスをすることができたよ。メキシコの3ポイントには注意が必要だったけど、我々のディフェンスは素晴らしかった。特に(ヘクター・)エルナンデスへのディフェンスはね。彼はメキシコのベスト3Pシューター。結局彼は無得点に終わったから。我々が計画してたことだったけど、USAの選手たちはしっかり応えてくれた」とコメント。

また、ステフィン・カリーは、「最初の5分、俺らはエネルギッシュにプレイすることができた。ディフェンスでメキシコにプレッシャーをかけ、テンポを掴ませなかったんだ」と話している。

カリーの他、チームUSAではクレイ・トンプソンが3ポイント3本を含む15得点、ジェイムス・ハーデンが12得点、2スティール、デマーカス・カズンズが11得点、7リバウンド、2ブロックショットを記録。

アンソニー・デイビスは4得点に終わったものの、6リバウンド、4ブロックショット、2スティールと存在感を示した。

なお、敗れたメキシコ代表では、グスタボ・アヨンがゲームハイの25得点、8リバウンド、2スティール、1ブロックショットをマーク。

なお、FAのアヨンには昨季王者のサンアントニオ・スパーズが興味を示していると報じられている。

⇒全スタッツはこちら

  1Q 2Q 3Q 4Q TOTAL
アメリカ 23 19 24 20 86
メキシコ 13 14 11 25 63

【スポンサーリンク】

  • Comments ( 2 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. By 名無し

    >>グスタボ・アヨン
    もう名前から強そう。
    これでスパーズがアヨンをとったらインサイドもカバーできるから隙がなくなる。
    来季も優勝はやっぱりスパーズかな?

    • By nba-sweetdays

      コメントありがとうございます(^_^)

      どうやら契約金額の都合上、海外でプレイすることになりそうですね(;_;)

*

CAPTCHA