【スポンサーリンク】

カイリー・アービングが世界中のバスケットボールリーグを渡り歩く?

カイリー・アービングが世界中のバスケットボールリーグを渡り歩く?

NBAを代表するスーパースターのカイリー・アービングは、「人生にはバスケットボールより重要なことがある」とし、社会正義のための活動を続けている。

だがそれと同時に、人生においてバスケットボールが大きなウェイトを占めているのも間違いなさそうだ。

アービングによると、少なくとも38歳まで現役を続け、世界中のバスケットボールでプレイする構想を抱いているという。

アービングは自身の去就について次のようにコメント。hoopsrumors.comが伝えている。

僕は世界最高のリーグで12年目に入るし、これからも良くなるだけだ。

38歳になり、自分のキャリアを振り返る時間ができたら、そうするだろう。

だが、その時が来るまですべての瞬間を楽しむよ。

38歳になってもバスケットボールをプレイするよ。

世界中のリーグでプレイするだろうし、僕が教わってきたことを若者たちに教えていくつもりさ。

アービングは現在30歳。

本当に海外リーグでプレイするなら、まだまだ先になるだろう。

アービングが世界のどのバスケットボールを選ぶか分からないが、いずれは日本でプレイする日が来ることを期待したいところだ。

【スポンサーリンク】

  • Comments ( 1 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. By 匿名

    Bリーグに来てくれるなら、そんな最高なことは無い

*

CAPTCHA