【スポンサーリンク】

ドワイト・ハワードが浴びたカート・ランビスのショッキングな言葉とは?

ドワイト・ハワードが浴びたカート・ランビスのショッキングな言葉とは?

元NBAオールスターセンターのドワイト・ハワードは、2019年の夏にロサンゼルス・レイカーズに復帰した。

2度目のレイカーズ所属となったハワードはベンチ出場の役割を受け入れ、レイカーズのNBAタイトル獲得に貢献。

だが、レイカーズに加わる前にフロントオフィスのメンバーからショッキングな言葉を浴びせられたようだ。

ハワードは当時を振り返り、次のようにコメント。clutchpoints.comが伝えている。

カート・ランビスが僕にこう言ったんだ。

「君はもはやドワイト・ハワードではない」とね。

本当にショックを受けた。

僕は口を閉ざさなければならなかったし、ただ要求されたことをやらなければならなかった。

本当に厳しかったよ。

ハワードはNBAキャリアを通してスターターとして活躍していたものの、レイカーズに復帰した当時はすでに全盛期を過ぎていた。

ハワードにとってランビスの言葉はタフだったかもしれないが、もしその言葉がなければハワードはベンチで不満を持ち続けていたかもしれない。

反論の言葉をぐっと飲み込んだハワードの姿勢もまた称賛されるべきだろう。

なお、ハワードの2019-20シーズン当時とそれ以前のスタッツは以下の通りとなっている。

2019-202004-19
出場試合数691044
平均出場時間18.934.5
平均得点7.517.4
平均リバウンド7.312.6
平均アシスト0.71.5
平均スティール0.40.9
平均ブロックショット1.12.0
平均ターンオーバー1.22.9
FG成功率72.9%58.3%
3P成功率60.0%9.5%
フリースロー成功率51.4%56.7%

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA