【スポンサーリンク】

ジョン・ウォールとロケッツが間もなくバイアウト交渉か?

ジョン・ウォールとロケッツが間もなくバイアウト交渉か?

ヒューストン・ロケッツの元NBAオールスターポイントガード、ジョン・ウォールは先日、来季のプレイヤーオプションを行使した。

ロケッツはウォールをトレードで放出し、見返りを得ることを望んでいたが、ウォールの怪我の歴史と大型契約が足かせとなり、今日に至るまでトレードは実現していない。

この状況を受け、ロケッツはウォールをバイアウトで放出することになりそうだ。

hoopsrumors.comによると、ロケッツとウォールは間もなくバイアウトの交渉をスタートする見込みだという。

バイアウトが成立した場合、マイアミ・ヒート、ロサンゼルス・クリッパーズ、ロサンゼルス・レイカーズがウォール獲得に動く可能性があると報じられている。

ウォールはNBAチャンピオンを狙えるチームで主力としてプレイすることを望んでいるというが、ヒートにはカイル・ラウリー、クリッパーズにはレジー・ジャクソン、レイカーズにはラッセル・ウェストブルックがいることから、おそらくバックアップポイントガードとして起用されることになるだろう。

なお、ウォールの2020-21シーズンとNBAキャリアのスタッツは以下の通りとなっている。

2020-21NBAキャリア
出場試合数40613
平均出場時間32.235.6
平均得点20.619.1
平均リバウンド3.2
(キャリアワースト)
4.3
平均アシスト6.9
(キャリアワースト)
9.1
平均スティール1.1
(キャリアワースト)
1.7
平均ターンオーバー3.53.8
FG成功率40.4%
(キャリアワースト)
43.1%
3P成功率31.7%32.3%
フリースロー成功率74.9%77.9%

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA