【スポンサーリンク】

ナイキがカイリー・アービングとのパートナーシップを正式に解消

ナイキがカイリー・アービングとのパートナーシップを正式に解消

NBAスターのカイリー・アービングは、反ユダヤ主義の思想に満ちた映画をSNS上でシェアした後、所属するブルックリン・ネッツから出場停止処分を科された。

また、アービングとエンドースメント契約を結んでいるスポーツブランド最大手のナイキも、アービングとの関係を一時停止すると発表。

アービングはその後、ネッツに突きつけられた6つの条件をクリアし、ネッツの一員としてNBAに復帰したわけだが、ナイキにとっては十分ではなかったのかもしれない。

The Athleticの記者によると、ナイキの広報担当者は現地5日、アービングとの関係を完全に解消したことを明かしたという。

ナイキは先月下旬にアービングの新作シグネシャーシューズ「カイリー8s」をリリースする予定だったが、アービングの言動を受けて中止していた。

また、ナイキとアービングの契約は今季限りで満了となり、ナイキは以前からアービングと再契約しない見込みと報じられていた。

これを受け、アービングはシューズ・フリージェントとなった。

批判を浴びがちなアービングだが、最も高い人気を誇るNBA選手のひとりであるのは間違いない。

特にNBAで知名度を高めたいシューズブランドにとって、アービングは魅力的な存在となりそうだ。

【スポンサーリンク】

  • Comments ( 1 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. By 匿名

    アメリカ、ヨーロッパに本社があるメーカーは批判避けるためにスルーするだろうから中国かな

コメントを残す