【スポンサーリンク】

マリオ・ヘゾニャがNBA復帰の可能性を示唆?

マリオ・ヘゾニャがNBA復帰の可能性を示唆?

2015年のNBAドラフト5位でオーランド・マジックに入団したマリオ・ヘゾニャは、その5年後にNBAを離れ、活躍の場を海外に移した。

現在スペインの強豪レアルマドリードに所属しているヘゾニャは今年4月、「(NBAでは)気に入らないことがたくさんあった」、「NBAはゲームというよりショー」とし、NBAに復帰するつもりはないと語った。

だが、NBA復帰を完全に閉ざしているわけではないのかもしれない。

ヘゾニャはNBA復帰について質問されると、次のように答えたという。Eurohoopsが伝えている。

バルセロナでは良い時間を過ごせた。

当時の僕はすごく若かった。

バルセロナを去り、NBAに向かった。

運がなかったし、数年後にNBAでプレイすることをやめ、リセットすることにした。

パナシナイコスからオファーをもらえたのは本当に幸運だった。

幼い頃から大好きなチームだったからね。

いつも彼らを見ていた。

その後、僕はリズムを取り戻し、もっと真剣に取り組怠ければならなかった。

ロシアで大きな役割を担えたと思っている。

その後不運があった。

だが、すごく幸運でもあった。

レアルマドリードからオファーをもらえたんだ。

すごく光栄だったし、本当に嬉しかった。

僕は今、レアルマドリードにいる。

ヨーロッパでやるべきことがたくさんある。

(NBA復帰について)将来的にどうなるか見てみよう。

ただ、僕はできるだけ長くここにいたいし、もっと稼ぎたい。

それに今はハッピーだ。

NBAで成功すれば、チーム、コーチングスタッフ、フロントオフィスからプッシュしてもらえる。

素晴らしい状況になるだろうね。

何でもできるようになるんだ。

コートはここより広いし、1on1がすごく多い。

個人の能力を見せることができる。

ここ(ヨーロッパ)ではスマートにならなければならない。

いつでもどこにでもヘルプディフェンスが待ち構えている。

それに皆が負けたくないと思っている。

知っているかい?

ヨーロッパではチームが負けると個人がプレッシャーを感じる。

負けると球団のプレッシャーになるから、もっと難しいんだ。

ヘゾニャはNBAを離れた後、ギリシャ、ロシア、スペインのチームを渡り歩いている。

ギリシャではチームをチャンピオンに導き、ロシアではMVPに輝いたヘゾニャ。

果たしてヘゾニャがNBAに復帰する日は来るのだろうか?

なお、ヘゾニャのNBAキャリアのスタッツは以下の通りとなっている。

NBAキャリア
所属チームオーランド・マジック
ニューヨーク・ニックス
ポートランド・トレイルブレイザーズ
出場試合数330
平均出場時間18.5
平均得点6.9
平均リバウンド3.1
平均アシスト1.3
平均スティール0.7
平均ターンオーバー1.1
FG成功率41.7%
3P成功率31.9%
フリースロー成功率81.2%

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA