【スポンサーリンク】

アンソニー・デイビス「僕たちのバスケットボールIQと理解度は相当高い」

アンソニー・デイビス「僕たちのバスケットボールIQと理解度は相当高い」

ロサンゼルス・レイカーズはレブロン・ジェイムス、アンソニー・デイビス、ラッセル・ウェストブルックというNBAスターたちを擁しながらも、今季2勝10敗と期待外れのスタートを切った。

だが、シーズン中のトレードで八村塁、ディアンジェロ・ラッセル、ジャレッド・バンダービルト、マリク・ビーズリー、モー・バンバを獲得すると、シーズン前半とは一転して素晴らしい戦いを繰り広げている。

2勝10敗でシーズンをスタートしたチームが勝率5割以上で終えるのは、レイカーズがNBA史上6チーム目だという。

デイビスはこの状況を受け、次のようにコメント。lakersnation.comが伝えている。

僕たちは本当に良い流れに乗っている。

だが、危機的状況にあり、多くのことがかかっているのは間違いない。

チームとしてリズムを掴み、グルーブを見つけるしかない。

僕たちならやれる。

あまり一緒に練習できていないが、それでも勝てているんだ。

僕たちにとっては試合が練習だが、その場で問題を解決することができている。

僕たちのバスケットボールIQと理解度は相当高い。

だから、練習する機会がなかったとしても、コミュニケーションを取り、コートでやりたいことを話し合い、高いレベルで発揮することができる。

その結果、勝つことができているんだ。

僕たちは0勝5敗、1勝5敗、2勝5敗、2勝10敗でシーズンを始めた。

勝率5割以上で終えるなんて、誰も思っていなかっただろう。

仲間たちともジョークを言い合っていた。

僕たちは何人かに向けて、「君たちのおかげだ」と言った。

なぜなら彼らがここに来て、僕たちを助けてくれ、最終的に勝率5割以上で終えることができたからね。

レイカーズは明日、レギュラーシーズン最終戦でユタ・ジャズと対戦する。

現時点ではウェスタン・カンファレンス7位でレギュラーシーズンを終え、同8位のニューオーリンズ・ペリカンズとNBAプレイオフ進出をかけて戦う可能性が高い。

デイビスにとって古巣とのプレイインゲームとなるが、チームメイトたちの助けを借りながらレイカーズをNBAプレイオフ進出に導くことだろう。

なお、デイビスの今季トレード期限前と期限後のスタッツは以下の通りとなっている。

期限前期限後
出場試合数3221
平均出場時間33.534.9
平均得点25.926.3
平均リバウンド12.412.8
平均アシスト2.43.0
平均スティール1.20.8
平均ブロック2.02.0
平均ターンオーバー2.22.1
FG成功率55.6%58.0%
3P成功率25.5%26.1%
フリースロー成功率82.8%72.4%

【スポンサーリンク】

コメントを残す