【スポンサーリンク】

ニコラ・ヨキッチがMVPについて「キャリアを終えた後に意味を持つかも」

ニコラ・ヨキッチがMVPについて「キャリアを終えた後に意味を持つかも」

デンバー・ナゲッツのニコラ・ヨキッチは、2年連続でMVPを受賞しているNBAを代表するスーパースターのひとりだ。

今季もMVPレベルのパフォーマンスを続けているヨキッチだが、もはやMVPに関心はないのかもしれない。

ヨキッチによると、最も重要なのはナゲッツをNBAチャンピオンに導くことであり、MVPやトリプルダブルなど個人の記録については考えていないという。ヨキッチのコメントをhoopsrumors.comが伝えている。

正直に話すが、MVPトロフィーは僕がキャリアを終えた後に少し意味を持つかもしれないね。

僕がMVPを追い求めたり、考えたりすることはなかった。

何かを望み、それを手にしたなら、普通は喜ぶものだ。

だが、その賞のことは僕の頭になかった。

だから僕は十分に喜べていないのかもしれないね。

僕は記録のためにプレイしているわけではないし、トリプルダブルのためにプレイしているわけでもないんだ。

ヨキッチは12月に平均29.2得点、12.3リバウンド、10.1アシスト、FG成功率60.4%を記録。

ヨキッチの活躍もあり、ナゲッツは現在25勝13敗でウェスタン・カンファレンス首位だ。

ヨキッチに3年連続のMVPを期待する声は日に日に高まるばかりだが、ヨキッチは目の前の試合に集中し、MVP議論には目もくれないに違いない。

なお、NBA史上MVPを3年連続で受賞したのはビル・ラッセル、ウィルト・チェンバレン、ラリー・バードのみとなっている。

ヨキッチの今季とNBAキャリアのスタッツは以下の通りだ。

2022-23NBAキャリア
出場試合数35562
平均出場時間33.430.6
平均得点25.220.0
平均リバウンド10.710.4
平均アシスト9.5
(キャリアハイ)
6.4
平均スティール1.41.2
平均ターンオーバー3.42.8
FG成功率61.4%
(キャリアハイ)
54.7%
3P成功率34.9%34.5%
フリースロー成功率81.2%82.8%

【スポンサーリンク】

コメントを残す