【スポンサーリンク】

ダンク0本のアンソニー・エドワーズ「コンディショニングに取り組んでいるところ」

ダンク0本のアンソニー・エドワーズ「コンディショニングに取り組んでいるところ」

ミネソタ・ティンバーウルブズのアンソニー・エドワーズはさらなる飛躍のため、オフシーズン中を通してトレーニングに励んだ。

バルクアップに成功したエドワーズはNBAオールスターのジェイムス・ハーデンのような筋肉を目指しているというが、この夏の筋力トレーニングはエドワーズのパフォーマンスに悪影響を及ぼしてしまったのかもしれない。

エドワーズによると、今季ダンクを一度も決めていないのは筋力アップで体重が増加したことにより、ジャンプ力が落ちたことが原因だという。エドワーズのコメントをhoopsrumors.comが伝えている。

筋肉を増強したことにより体重が増えた。

それが僕のジャンプ力に影響している。

今はコンディショニングに取り組んでいるところなんだ。

足が100%の状態に戻るのを待っている。

大丈夫だよ。

体重を4kg落としたんだ。

エドワーズ、カール・アンソニー・タウンズ、ルディ・ゴベア擁するミネソタ・ティンバーウルブズには、少なくとも昨季以上の成績が期待されている。

だが、今季8試合を終えた時点で4勝4敗と、十分なパフォーマンスを見せることができていない。

しかし、エドワーズが本来のコンディションを取り戻せば、ウルブズは爆発力あるオフェンスを手にするに違いない。

なお、エドワーズの昨季と今季のスタッツは以下の通りとなっている。

2021-222022-23
出場試合数728
平均出場時間34.336.9
平均得点21.323.1
平均リバウンド4.86.1
平均アシスト3.84.0
平均スティール1.51.1
平均ターンオーバー2.63.1
FG成功率44.1%44.9%
3P成功率35.7%36.9%
フリースロー成功率78.6%63.6%

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA