【スポンサーリンク】

エネス・カンター・フリーダム「NBAチームからひとつもオファーがない」

エネス・カンター・フリーダム「NBAチームからひとつもオファーがない」

FAビッグマンエネス・カンター・フリーダムは、現在どのNBAチームとも契約していない。

カンター・フリーダムは2月のトレードでボストン・セルティックスからヒューストン・ロケッツに移籍すると、直後にウェイブ。

それ以降NBAでプレイすることができていないが、カンター・フリーダムによると、例年であれば今の時期には少なくともNBA1チームからオファーがあるものの、今年の夏はまったくオファーが届いていないという。カンター・フリーダムのコメントをfadeawayworld.netが伝えている。

フリーエージェンシーが始まって1ヶ月が経った。

いつもであれば、すでにいくつかオファーが届いている頃だ。

この夏はひとつもオファーがない。

その理由は、ここ数ヶ月間の僕が中国で起こっていることに反対する声をあげているからだ。

中国のマーケットはNBAのビジネスにおいて大きな部分を占めている。

彼らは金銭的なダメージを被らない限り、何を言っても許してくれるだろう。

だが、そうなるとすぐに切られてしまう。

すごく悲しいことだし、受け入れがたいね。

代償を支払わなければならないことは分かっていた。

だが、自分の行動に後悔はない。

僕以上の問題だし、NBA以上の問題だし、バスケットボール以上の問題なんだ。

僕がアメリカでプレイしている間も、世界中でたくさんの人々が殺されたり、刑務所に入れられたりしている。

もしこれが僕に必要な犠牲なら、僕は受け入れるよ。

僕は30歳。

あと5~6年はプレイできる。

引退するつもりはない。

トルコに帰国することはできない。

片道切符になってしまうからね。

トルコに入国できないし、ユーロリーグはトルコ航空がスポンサーに名を連ねているんだ。

カンター・フリーダムがNBAに復帰できる可能性は極めて低いと見られている。

中国とのビジネスを続けているNBAを批判していることもそうだが、カンター・フリーダムのスタイルは今のNBAゲームに合っておらず、カンター・フリーダムはそれを受け入れなければならないだろう。

いずれにせよ、カンター・フリーダムはこれからもNBAを糾弾しつつも、NBA復帰を目指し続けるに違いない。

【スポンサーリンク】

  • Comments ( 7 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. By 匿名

    アウトサイドのないディフェンスの下手なでかい人
    もはやNBAでは通用しないでしょ

  2. By 匿名

    もうなんかどうせ自分のレベルではオファーがないことをわかってて、でもそれを認めるとカッコ悪いから自分がNBA批判していることがオファーの来ない理由にしてるんじゃないの?w言ってることもそれほど正しいとは思えないしwそんな人権が大切なら戦後最も人殺しや侵略戦争をしているアメリカに帰化するなよw

  3. By 匿名

    ディフェンスなんかカレッジの選手より悪いしシュート下手だし持論に固執して好き勝手騒いで自分の実力を過信してるベテランなんか絶対いらないだろ
    マイナスでしかない
    こいつ取るくらいなら若くて向上心もあるオカフォーの方がはるかに良い

  4. By 匿名

    祖国批判して家族も残して、帰化
    運動家デビューも貧困層に巨額寄付してたMJやレブロンを批判して、総スカン

    フリーダムどこにいく

  5. By 匿名

    中国関連だけでなく、露骨な政治的発言をするようだとBリーグも嫌がるかもしれんな。
    話の中身は本当に真面目で正当だと思うから気の毒だけどな。

  6. By 匿名

    だろうなとしか

  7. By 匿名

    NBAが1番だけど、Bリーグいらっしゃい!!

*

CAPTCHA