【スポンサーリンク】

ケビン・デュラントがジャック・ボーンのヘッドコーチ就任について「彼はここでチャンスを得るべきだった」

ケビン・デュラントがジャック・ボーンのヘッドコーチ就任について「彼はここでチャンスを得るべきだった」

ブルックリン・ネッツは先日、臨時ヘッドコーチとしてチームを指揮していたジャック・ボーンを正式にヘッドコーチに昇格させた。

ボーンHCにはネッツを立て直すという重要なタスクが与えられたわけだが、少なくともNBAオールスターのケビン・デュラントからの信頼は得ているようだ。

デュラントによると、ボーンHCはネッツのヘッドコーチを務めるに値する人物だという。デュラントのコメントをfadeawayworld.netが伝えている。

彼はここでチャンスを得るべきだったと思う。

どのヘッドコーチでもなく、こここそが彼の居場所だった。

もしヘッドコーチの座が空くなら、僕は彼がふさわしいと思っていた。

彼は苦労して地位を勝ち取ったし、選手たちのことを分かっている。

出たり入ったりする選手たちを見てきたし、フロントオフィスとの絆も強い。

だから、彼なら選手たちともう少し簡単に密接な関係を築けると思うんだ。

シーズンの途中や序盤で新しい人物を迎え入れるのは難しいしね。

継続性を考えると、僕たちにとってはジャックを起用するのが良いと思った。

僕も嬉しいよ。

彼はこのチャンスに値する。

素晴らしいバスケットボールマインドを持ち、素晴らしいチームビルダーであり、素晴らしいリーダーだ。

これからを楽しみにしているよ。

ボーンHCはベン・シモンズの起用法やカイリー・アービングへの対処など、さまざまなタスクをこなさなければならない。

だが、2016年からネッツで働いているボーンHCは、ネッツを最高の結果に導くべく素晴らしい仕事をするに違いない。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA