【スポンサーリンク】

コービー・ブライアントとビーフを繰り広げたスマッシュ・パーカーがゲームオフィシャルとしてNBAに復帰

コービー・ブライアントとビーフを繰り広げたスマッシュ・パーカーがゲームオフィシャルとしてNBAに復帰

NBAレジェンドのコービー・ブライアントは生前、ロサンゼルス・レイカーズでチームメイトだったスマッシュ・パーカーについて、「彼は最悪のポイントガードだった。NBAに来るべきではなかった。僕たちにはポイントガードに払う金があまりなかったんだ」と語った。

その後パーカーはブライアントの人間性を批判し、波紋を呼んだが、そのパーカーがNBAに復帰する模様。

ただし、選手としてではない。

bleacherreportによると、パーカーはゲームオフィシャルとしてNBAに復帰するという。

latimes.comによると、パーカーはブライアントから「NBAに来るべきではなかった」と指摘された後、こう反撃していたという。

人のレガシーをけなしてはならない。

人がバスケットボールを通して成し遂げたことをけなしてはならない。

彼の労働観はものすごかった。

彼はバスケットボールをプレイすることができる。

君たちも彼のキャリアを通して見てきたはずだ。

彼に関して僕が好きではないところは、彼の人間性だ。

彼の性格、彼の人々への接し方が好きではない。

コービー・ブライアントのそういうところが好きではない。

(レイカーズでの)1シーズン目、少なくとも僕はコービー・ブライアントと話をしようと努力した。

彼は僕のチームメイトであり、同僚だからね。

僕が彼とフットボールの話をしようとした時のことだ。

彼は僕に「君とは話せない」と言った。

「僕と話をしたいなら、もっと評価されなければならない」と言った。

真剣にそう言っていた。

バスケットボールはチームスポーツだ。

チームワークが重要だ。

個人スポーツではない。

テニスやゴルフとは違う。

チームスポーツだ。

君がチームのスターなら、チームメイトが居心地良く感じるようにしなければならない。

君はチームメイトたちを歓迎しなければならない。

彼はまったくそうしなかった。

もちろんブライアントが理由もなくパーカーを批判するわけがない。

レイカーズ時代のパーカーは2シーズンを通して全試合に出場し、2005-06シーズンにはNBA9位となる合計140スティールを記録するパフォーマンスを見せていた。

だが、寝坊でフライトに遅れたり、気分屋だったりと、プロ意識を問題視されることもあった。

強烈な労働観を持っていたブライアントは、パーカーのそのようなところが気に入らなかったのかもしれない。

そのパーカーが、ゲームオフィシャルとしてNBAに戻ってくる。

ブライアントとのビーフ以外で大きな注目を集めることはあまりなかったが、これからはNBAゲームをサポートする立場として名を残すことを期待したいところだ。

なお、パーカーのNBAキャリアのスタッツは以下の通りとなっている。

NBAキャリア
所属クリーブランド・キャバリアーズ
デトロイト・ピストンズ
フェニックス・サンズ
ロサンゼルス・レイカーズ
マイアミ・ヒート
ロサンゼルス・クリッパーズ
出場試合数274
平均出場時間25.8
平均得点9.0
平均リバウンド2.4
平均アシスト2.9
平均スティール1.2
平均TO1.8
FG成功率42.6%
3P成功率34.5%
FT成功率70.8%

【スポンサーリンク】

コメントを残す