【スポンサーリンク】

ヤニス・アンテトクンポがフリースロー10秒バイオレーションについて「ルーティンを変えるつもりはない」

ヤニス・アンテトクンポがフリースロー10秒バイオレーションについて「ルーティンを変えるつもりはない」

ヤニス・アンテトクンポ擁するミルウォーキー・バックスは現地22日に行われたNBAプレイオフ・ファーストラウンド第1戦でマイアミ・ヒートを下し、NBAタイトル獲得へ向けて好スタートを切った。

クリス・ミドルトンの決勝ジャンパーで勝利し、昨季苦汁をなめさせられたヒート相手に先勝したバックス。

一方で、この試合では珍しいバイオレーションがあった。

レギュレーション残り1分6秒にアンテトクンポがフリースローを放つ際、10秒バイオレーションがコールされたのだ。

アンテトクンポによると、10秒バイオレーションについては事前に警告を受けていた可能性があるという。アンテトクンポのコメントをlarrybrownsports.comが伝えている。

(警告されたかは)覚えていない。

おそらく、おそらくされていただろうね。

だが覚えていない。

不満を言うつもりはないよ。

なぜなら、僕はそういう人間ではないからね。

もし10秒コールだったなら、素晴らしいコールだ。

僕はこれからも僕のルーティンを続ける。

もし10秒なら、10秒だということだ。

受け入れるよ。

アンテトクンポが10秒バイオレーションをコールされた時、バックスは1点リードしていた。

だが、レギュレーション最終盤にジミー・バトラーに同点弾を許し、オーバータイムに突入。

バックスはミドルトンの決勝ジャンパーで辛くも勝利したわけだが、もしバックスが敗れていたら、アンテトクンポに対する10秒バイオレーションはより波紋を広げていただろう。

なお、この日のアンテトクンポは26得点、18リバウンド、5アシスト、3スティール、FG成功率37.0%(10/27)、3P成功率0%(0/3)、フリースロー成功率46.2%(6/13)を記録した。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA