【スポンサーリンク】

シャキール・オニール「僕を黙らせてくれ」

シャキール・オニール「僕を黙らせてくれ」

NBAレジェンドのシャキール・オニールは先日、ユタ・ジャズのドノバン・ミッチェルについて、「彼は次のレベルに行くために必要なものを持っていない」と指摘した。

これを受け、レブロン・ジェイムスやケビン・デュラント、リッキー・ルビオなど現役NBA選手たちがオニールを批判。

NBA選手たちからだけでなくファンからも批判を浴びる状況となったわけだが、オニールとミッチェルが先日の試合後に直接やり取りした模様。fadeawayworld.netが伝えている。

オニール:
「君は僕のお気に入りの選手のひとりだ。だが、次のレベルに行くために必要なものを君は持っていない。僕はそう言った。わざと言った。君に聞いてほしかったんだ。この件について何か言うことはあるかい?」

ミッチェル:
「分かったよ」

オニール:
「それだけ?」

ミッチェル:
「それだけだ。僕はルーキーの頃からそう言われている。もっと成長し、やるべきことをやるだけさ」

オニールはミッチェルと話した後、現役NBA選手たちに対する批判についてこう説明したという。

まず第一に、これはリスペクトの問題ではない。

僕は選手たちに目的を持ってプレイしてもらいたいと思っている。

彼らは僕を黙らせようとしているよね。

ウェルカムだ。

僕を黙らせてくれ。

オニールによると、現役時代の彼のように怒りをモチベーションにしてもらいたかっため、現役NBA選手たちに厳しい言葉を吐いているという。

あとづけのような気がしないでもないが、オニールに批判された選手たちには彼を黙らせるプレイを続けてもらいたいところだ。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA