【スポンサーリンク】

ティム・ハーダウェイ「マブスがトレードで獲得しようとしたのはクリスタプス・ポルジンギスではなく私の息子」

ティム・ハーダウェイ「マブスがトレードで獲得しようとしたのはクリスタプス・ポルジンギスではなく私の息子」

ダラス・マーベリックスは現地6日にロサンゼルス・クリッパーズに敗れ、NBAプレイオフ・ファーストラウンドでの敗退を余儀なくされた。

昨季に続いて今季もクリッパーズに敗れたマブスだが、第7戦まで持ち込めたのはルカ・ドンチッチの活躍だけでなく、ティム・ハーダウェイJrの貢献も大きかったと言えるだろう。

そんな中、ティム・ハーダウェイJrの父であり、元NBAスターのティム・ハーダウェイが、マブスがハーダウェイJrとクリスタプス・ポルジンギスを獲得した2019年のトレードに言及した。

ハーダウェイによると、当時のトレードはポルジンギスを獲得するためのものではなく、息子ハーダウェイJrを獲得するためのものだったという。fadeawayworld.netが伝えている。

君たち全員が間違っている。

(トレードは)ティムをここに連れてくることを狙ったものだったんだ。

真剣に話している。

僕は君たちに真実を話す。

ダラスはティムを求めていたのさ。

皆はティムがおまけとして付いてきたと言っていた。

そうではない。

ポルジンギスが付いてきたんだ。

そう話すハーダウェイだが、マブスのメインターゲットはおそらくポルジンギスだった。

オーナーのマーク・キューバンが1年前に、「ポルジンギスが良い選手だということは分かっていた」、「ティムは最大のサプライズだった」と語ったことからもそれが分かる。

とはいえ、今のマブスにとってはポルジンギスよりハーダウェイJrのほうが重要な選手と言えるかもしれない。

この夏に完全FAになるハーダウェイJrは、注目のFA選手のひとりとなるだろう。

なお、ハーダウェイJrとポルジンギスの今季のNBAプレイオフスタッツは以下の通りとなっている。

T・ハーダウェイJrK・ポルジンギス
出場試合数77
平均出場時間37.433.3
平均得点17.013.1
平均リバウンド3.35.4
平均アシスト1.41.3
平均スティール0.41.3
平均ブロックショット0.7
平均ターンオーバー0.90.4
FG成功率41.6%47.2%
3P成功率40.4%29.6%
フリースロー成功率75.0%84.2%

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA