【スポンサーリンク】

モントレズ・ハレルが自身の去就について「まだ分からない」

モントレズ・ハレルが自身の去就について「まだ分からない」

ロサンゼルス・レイカーズのモントレズ・ハレルには、ドワイト・ハワードとジャベール・マギーが抜けた穴を埋める働きが期待されていた。

レギュラーシーズン中はその期待に応え、闘志を剥き出しにしてチームメイトたちを鼓舞し続けたが、シーズンが終盤に近づくにつれ、出場機会が減少。

NBAプレイオフ・ファーストラウンド第2戦と第3戦では出場機会すら得ることができず、フラストレーションの溜まる時間を過ごした。

このような状況を強いられたからか、ハレルはレイカーズに残留するか否か決めることができていないという。ハレルのコメントをclutchpoints.comが伝えている。

僕は毎日ここに来て、自分の仕事をした。

彼らに求められることをした。

自分の役割を果たした。

単純なことだ。

僕の未来に関して言うと、今はまだ分からない。

まだシーズンを終えたばかりだし、今は答えを出すことはできない。

だが、僕は自分の仕事をしたし、僕の背番号が呼ばれた時にいつでも行けるように準備したし、僕の能力を最大限発揮し、すべてをコート上で出し尽くしたんだ。

ハレルはエネギッシュなインサイドプレイヤーだが、サイズで劣ってしまうケースも少なくなかった。

シーズン途中でアンドレ・ドラモンドが加わり、インサイドプレイヤーが増えたことも、ハレルの出場機会が減少したひとつの要因だろう。

2019-20シーズンはシックスマン・オブ・ザ・イヤーに輝いたものの、今季はレイカーズの勝利に貢献することができなかったハレル。

現時点ではオプションを破棄してFAになると見られるが、その時のレイカーズの対処に注目が集まるところだ。

なお、ハレルの今季とNBAキャリアスタッツは以下の通りとなっている。

今季スタッツNBAキャリア
出場試合数69387
平均出場時間22.921.2
平均得点13.512.8
平均リバウンド6.25.2
平均アシスト1.11.3
平均スティール0.70.6
平均ブロックショット0.70.9
平均ターンオーバー1.11.1
FG成功率62.2%61.6%
フリースロー成功率70.7%
(キャリアハイ)
65.0%

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA