【スポンサーリンク】

クリス・ポールは現役引退後すぐにNBAコーチに就任?

クリス・ポールは現役引退後すぐにNBAコーチに就任?

オフシーズン中のトレードでフェニックス・サンズに移籍したクリス・ポールは、35歳という年齢にもかかわらずNBAトップレベルのプレイを続けている。

だが、現役引退の時が迫っているのは間違いない。

では、現役を引退した後のポールはどのようなキャリアを送るのだろうか?

fadeawayworld.netによると、ほとんどのNBAチームの幹部は現役引退後のポールが「NBAチームのコーチになる」ことを確信しているという。

ポールはNBAキャリアを通してニューオーリンズ・ホーネッツ、ロサンゼルス・クリッパーズ、ヒューストン・ロケッツ、オクラホマシティ・サンダー、サンズでプレイした経験を持ち、いずれのチームもポールが加わったことで強豪チームとなった。

ポールの高いバスケットボールIQは誰もが知るところだが、長年にわたってNBPAの会長を務めていることもあり、リーダーシップについても申し分ない。

身体能力でなく頭脳とスキルで戦うポールは、良いNBAコーチとなることだろう。

なお、ポールの今季とNBAキャリアスタッツは以下の通りとなっている。

今季スタッツNBAキャリア
出場試合数341054
平均出場時間31.834.8
平均得点16.018.4
平均リバウンド4.74.5
平均アシスト8.89.4
平均スティール1.2
(キャリアワースト)
2.2
平均ターンオーバー2.42.4
FG成功率48.6%47.1%
3P成功率39.1%37.0%
フリースロー成功率95.4%
(キャリアハイ)
87.2%

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA