【スポンサーリンク】

ウォリアーズの幹部がトレードについて「絶対にトレードしないとは誰にも言わない」

ウォリアーズの幹部がトレードについて「絶対にトレードしないとは誰にも言わない」

ゴールデンステイト・ウォリアーズのアンドリュー・ウィギンスには、トレードの噂が浮上している。

ウォリアーズのオーナーを務めるジョー・レイコブは先日、ロスターにNBAスターをもうひとり加えるべく積極的に動くと明かしたため、ステフィン・カリー、クレイ・トンプソン、ドレイモンド・グリーン以外の全員がトレード対象になり得ると見るべきだろう。

そんな中、ウォリアーズの幹部であるカーク・レイコブが、ウィギンスのトレードに関する質問に答えた模様。レイコブのコメントをfadeawayworld.netが伝えている。

紙の上で選手を50回トレードするのは簡単だ。

我々は常に率直に話をしている。

アンドリュー・ウィギンスのエージェントとは昨年から何度も何度も話をしている。

彼は電話をかけてきて、こう言うだろう。

『知っていると思うが、トレードの噂を聞いている』とね。

私はそのたびに、「ここにいることを快適に思っているはずだ。君(ウィギンス)はすごく好かれている」と返すんだ。

私が「君をトレードで放出することは絶対にない」と言う?

ノーだ。

そんなことは誰にも言わない。

我々は全員にそう話している。

嘘をついたことは一度もない。

彼らにとっては聞きたくないことかもしれない。

だが、選手やエージェントに嘘はつきたくないんだ。

トレードされる可能性はほとんどないとしても、もしトレードすることになったら気まずくなってしまうからね。

ウォリアーズはNBAスターをロスターに加え、NBAタイトル奪還に向けて盤石の布陣にしていくと見られている。

もしトレードマーケットでNBAスターを獲得するなら、ウィギンスがトレード要員となる可能性は高い。

果たして来季のウィギンスはどのNBAチームでプレイするのだろうか?

なお、ウィギンスの今季とNBAキャリアスタッツは以下の通りとなっている。

今季スタッツNBAキャリア
出場試合数71525
平均出場時間33.335.4
平均得点18.619.5
平均リバウンド4.94.4
平均アシスト2.42.3
平均スティール0.91.0
平均ブロックショット1.00.7
平均ターンオーバー1.82.1
FG成功率47.7%
(キャリアハイ)
44.6%
3P成功率38.0%
(キャリアハイ)
34.1%
フリースロー成功率71.4%73.1%

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA