【スポンサーリンク】

カリス・レバートがNBAの健康と安全プロトコルにより離脱へ

カリス・レバートがNBAの健康と安全プロトコルにより離脱へ

イースタン・カンファレンス9位でレギュラーシーズンを終えたインディアナ・ペイサーズは、プレイイントーナメント初戦でシャーロット・ホーネッツと対戦する。

だが、重要なスコアラー抜きでプレイイントーナメントを戦い抜かなければならなくなった模様。

ペイサーズによると、スコアラーのカリス・レバートがNBAの健康と安全プロトコル下に置かれたため、現地18日のホーネッツ戦を欠場するという。

また、ジェレミー・ラム、マイルズ・ターナー、TJ・ウォーレンも怪我により欠場する。

レバートはシーズン中のトレードでペイサーズに移籍。

トレード時の健康診断で病気が発覚したため、しばらく離脱を余儀なくされたものの、復帰後は素晴らしいパフォーマンスを見せ、ペイサーズ入団後はNBAキャリアベストとなる平均20.7得点を記録した。

なお、レバートのトレード後とNBAキャリアスタッツは以下の通りとなっている。

今季スタッツNBAキャリア
出場試合数35260
平均出場時間32.926.8
平均得点20.7
(キャリアハイ)
14.1
平均リバウンド4.6
(キャリアハイタイ)
3.9
平均アシスト4.93.9
平均スティール1.5
(キャリアハイ)
1.1
平均ターンオーバー2.21.9
FG成功率44.3%43.5%
3P成功率31.8%33.6%
フリースロー成功率83.2%
(キャリアハイ)
73.2%

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA