【スポンサーリンク】

ダニー・エインジ「ロケッツとトレード交渉していた」

ダニー・エインジ「ロケッツとトレード交渉していた」

ヒューストン・ロケッツは現地13日、複数のNBAチームが絡んだトレードでスーパースターのジェイムス・ハーデンを放出した。

ロケッツにトレードを要求したハーデンには多くのNBAチームが関心を示しており、実際に交渉していたというが、ボストン・セルティックスもその1チームだった模様。

セルティックスの球団社長兼ゼネラルマネージャーのダニー・エインジによると、実際にトレード交渉したもののロケッツの要求があまりに高いと感じたため、実現には至らなかったという。

エインジはロケッツとのトレード交渉について次のようにコメント。985thesportshub.comが伝えている。

ジェイムスに関し、我々は話をしていたよ。

最近のことではないがね。

ただ、交渉していた。

何度か話をしたが、見合う対価ではなかった。

我々にとっては対価が高すぎたんだ。

我々が望むものではなかった。

我々にとって適切なタイミング、適切な対価ではないとことで全員が一致したと思うよ。

気になるロケッツの要求だが、ロケッツはジェイレン・ブラウン、マーカス・スマート、NBAドラフト指名権とのトレードを望んでいたと報じられている。

だが、ブラウンとスマートはセルティックスにとって重要な一員であり、エインジが彼らにハーデン以上の価値があると考えているのは間違いない。

エインジはNBAスターを放出しながらロスターを再構築することでも知られており、その手腕に批判が集まることもある。

今回の決断が正しかったか否か、セルティックスファンは注目していることだろう。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA