【スポンサーリンク】

コービー・ブライアントの背番号10を継承するジェイソン・テイタム「軽く考えてはいない」

コービー・ブライアントの背番号10を継承するジェイソン・テイタム「軽く考えてはいない」

ボストン・セルティックスのNBAオールスター、ジェイソン・テイタムは、チームUSAの一員として東京オリンピックに出場する。

テイタムはチームUSAで背番号10番のジャージーを着てプレイするが、チームUSAの10番と言えば、NBAレジェンドのコービー・ブライアントがチームUSAでプレイした時の背番号だ。

テイタムによると、背番号10番を着てプレイするのは特別なことであり、ブライアントのレガシーを引き継ぐ準備はできているという。テイタムのコメントをfadeawayworld.netが伝えている。

彼を失ってから初めてのオリンピックだ。

つまり、より大きな価値がある。

軽く考えてはいないよ。

最初のチームで10番を望んでいたことを覚えている。

皆も知っての通り、コービーは僕のお気に入りの選手だった。

15歳の時にお気に入りの選手の背番号をつけることができた。

彼と繋がりを持てたような気分になったよ。

テイタムは2019年に中国で開催されたFIBAバスケットボール・ワールドカップにもチームUSAの一員として出場し、背番号10番のジャージーを着てプレイした。

だが、チームUSAはまさかの7位という結果に終わった。

テイタムにとって、東京オリンピックはワールドカップのリベンジと同時にブライアントのレガシーを広める場となるだろう。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA