【スポンサーリンク】

PJ・タッカーのトレードでロケッツが求めるものとは?

PJ・タッカーのトレードでロケッツが求めるものとは?

ヒューストン・ロケッツは先日のトレードでジェイムス・ハーデンを放出し、NBAドラフト1巡目指名権を4つと、NBAドラフト1巡目スワップ権を4つ獲得した。

ロケッツの動きはこれで終わらず、ベテランフォワードのPJ・タッカーもトレードで放出すると噂されている。

では、ロケッツはタッカーのトレードで何を獲得しようとしているのだろうか?

The Ringerによると、ロケッツはタッカーのトレードでNBAドラフト2巡目指名権を3つ獲得することを狙っているという。

タッカーには複数のNBAチームが関心を示し、ロケッツにトレードを打診していると報じられている。

それに対し、ロケッツはNBAドラフト2巡目指名権3つとのトレードを要求しているというが、タッカーはロケッツの組織に不信感を持っており、完全FAになる今年夏に他チームに移籍すると見られているため、ロケッツとしては3月の期限までにトレードを成立させたいところだろう。

果たしてNBA屈指のディフェンダーであるタッカーを獲得するのはどのチームだろうか?

なお、タッカーの今季とNBAキャリアスタッツは以下の通りとなっている。

今季スタッツNBAキャリア
出場試合数11665
平均出場時間32.429.4
平均得点5.87.3
平均リバウンド5.05.8
平均アシスト1.51.4
平均スティール1.21.2
平均ターンオーバー1.41.0
FG成功率44.7%42.2%
3P成功率45.5%36.2%
フリースロー成功率77.8%74.9%

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA