【スポンサーリンク】

あるNBA選手のクレイジーなジンクスとは?

あるNBA選手のクレイジーなジンクスとは?

NBA選手の中には、ジンクスを大切にしている者も少なくない。

NBA選手たちのトレーナーを務めるジェイコブ・ニーリーは先日、トレーニング中に同じ曲を1時間に17回聴き、それを365日毎日続けるというクレイジーなルーティンを持つNBA選手がいたことを明かした。

だが、中には決して真似したくないジンクスを持っているNBA選手もいる模様。

アスレチックトレーナーのデイモン・ゴッダードによると、あるNBA選手は最高のパフォーマンスを再現するため、同じソックスを裏返しにして履き続け、そのソックスを一度も洗濯しなかったという。ゴッダードのコメントをfadeawayworld.netが伝えている。

特に最高な競技条件を再現しようとする時、執着が迷信につながることがしばしばある。

すべての試合で同じソックスを履くNBA選手がいた。

裏返しにして履いていた。

彼は決して洗濯しなかった。

一度も洗濯しなかった。

ソックスはひどい状態さ。

このエピソードが公になった時、多くのNBAファンは選手を特定しようとした。

その結果、ゴッダードがダラスを拠点にして活動しており、また画像検索なども手伝って、現在ワシントン・ウィザーズに所属しているクリスタプス・ポルジンギスが候補に挙がったという。

もちろんポルジンギスではない可能性もある。

とはいえ、このようなクレイジーなジンクスは氷山の一角であり、他にも多くのNBA選手が考えられないようなジンクスを持っているに違いない。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA