【スポンサーリンク】

クレイ・トンプソン ウォリアーズ残留ほぼ確定で安堵

ケビン・ラブのクリーヴランド・キャバリアーズ移籍がほぼ確定したことにより、ラブとのトレードが噂されていたゴールデンステイト・ウォリアーズのクレイ・トンプソンは胸をなでおろしているようだ。

ミネソタ・ティンバーウルブズは、トレードの条件としてウォリアーズにトンプソンの放出を要求していたが、ウォリアーズはこれを拒否。

ウルブズがトンプソンとのトレードを頑なに譲らなかったため、ラブのキャブス移籍が内定したといっても良いだろう。

チームメイトのステフェン・カリーは、トンプソン残留について次のように話している。

「彼(トンプソン)は本当に考えたと思う。でもトレードは起こらなかった。俺らの核は残留することになったし、彼は本当に喜んでると思うよ」

また、かつてNBAで活躍したトンプソンの父、マイカル・トンプソンは、次のようにコメント。

「私も嬉しいよ。彼はウォリアーズが好きだし、トレードされたくなかったんだ。実は、チームUSAのトレーニングキャンプの間、ラスベガスでケビン・ラブに会ったみたいだよ。彼はラブに『ありがとう、相棒』って冗談で言ったらしい」

「彼(トンプソン)はウォリアーズに残留できて喜んでるよ。ジェリー・ウェストとスティーブ・カーには感謝してるんだ」

カリーと並び、NBA有数のシューターとして知られるトンプソンだが、来年の夏には制限付きFAになる。

マックス契約に近いサラリーを要望すると見られているが、2014-15シーズンの活躍にすべてはかかっているといって良いだろう。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA