【スポンサーリンク】

不調のタイラー・ヒーロー「基本に固執するだけ」

2019年のNBAドラフト13位でマイアミ・ヒートに入団したタイラー・ヒーローは、素晴らしいルーキーシーズンを送った。

だが、昨季の3P成功率が38.9%だったのに対し、今季は28.6%とショットタッチを掴むことができていない。

ヒートも波に乗ることができず、現在4勝4敗と昨季NBAファイナリストにはふさわしくない出だしを強いられている。

ヒートが本来の力を取り戻すため、ヒーローには早くショットタッチを掴んでもらいたいところだが、ヒーローはシューターとしての自身の力をまったく疑っていないようだ。

ヒーローは自身について次のようにコメント。clutchpoints.comが伝えている。

僕は全世界で、このリーグで最もピュアなショットのひとつを持っている。

シューターは3Pを決めることができない時、ショットを決めることができない時、スランプになったと感じる。

だが、基本に固執するだけだ。

僕は何をすべきか分かっている。

素晴らしいルーキーシーズンを送ったということもあり、他のNBAチームはヒーロー対策を講じている。

とはいえ、指揮官のエリック・スポエストラHCはそれを想定していただろう。

ヒーローには早くショットタッチを取り戻し、ヒートの勝利に貢献してもらいたいところだ。

なお、ヒーローの昨季と今季のスタッツは以下の通りとなっている。

昨季スタッツ今季スタッツ
出場試合数558
平均出場時間27.433.3
平均得点13.515.6
平均リバウンド4.16.8
平均アシスト2.23.9
平均スティール0.60.4
平均ターンオーバー1.62.4
FG成功率42.8%47.5%
3P成功率38.9%28.6%
フリースロー成功率87.0%73.9%

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA