【スポンサーリンク】

キャブスがラリー・ナンスJrをトレード?

キャブスがラリー・ナンスJrをトレード?

NBAプレイオフ復帰を目指すクリーブランド・キャバリアーズは、今年のNBAドラフトでビッグマンのエバン・モブリーを獲得した。

また、センターのジャレット・アレンと再契約したため、現時点ではガードとパワーフォワード、センターのポジションには十分な人材を抱えている。

キャブスはNBA2021-22シーズン開幕までにウィングポジションの強化に動くというが、そのためにはNBA屈指の身体能力を誇るパワーフォワードをトレード要員とするかもしれない。

Cleveland.comによると、キャブスはウィングポジションの選手を獲得するにあたり、ラリー・ナンスJrをトレード要員とすることを検討しているという。

キャブスは現在、キャム・レディッシュをトレードで獲得すべくアトランタ・ホークスと交渉していると報じられている。

だが、ホークスは2022年のNBAドラフト1巡目指名権とのトレードを要求しており、交渉は難航している様子だ。

また、キャブスはメンフィス・グリズリーズのディロン・ブルックスとカイル・アンダーソン、FAのデンゼル・バレンタイン、シヴィ・ミキャリック、ギャリソン・マシューズにも関心を持っていると噂されている。

なお、元NBAオールスターフォワードのケビン・ラブはロスターに残し、ベンチ選手として起用する可能性が高いと見られている。

ナンスJrの父はキャブスのレジェンドであり、キャブスは2017-18シーズン中のトレードでナンスJrを両手を広げて迎え入れたわけだが、果たしてナンスJrのキャブスでの時間は終わってしまうのだろうか?

ナンスJrの昨季とNBAキャリアのスタッツは以下の通りだ。

2020-21NBAキャリア
出場試合数35350
平均出場時間31.224.2
平均得点9.38.3
平均リバウンド6.76.7
平均アシスト3.11.9
平均スティール1.71.3
平均ターンオーバー1.61.0
FG成功率47.1%52.9%
3P成功率36.0%33.3%
フリースロー成功率61.2%68.7%

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA