【スポンサーリンク】

スティーブ・カーHCがドレイモンド・グリーンに対する中傷に「これがアメリカ」

スティーブ・カーHCがドレイモンド・グリーンに対する中傷に「これがアメリカ」

メンフィス・グリズリーズのカイル・アンダーソンは、ゴールデンステイト・ウォリアーズとのNBAプレイオフ・カンファレンスセミファイナル第3戦でファウルコールに納得できずにレフェリーに激しく抗議し、2度のテクニカルファウルで退場処分となった。

これを受け、FOX13の気象予報士が「じっくり考えよう。ドレイモンド(・グリーン)は試合中ずっと口を開いているのに、温厚なカイル・アンダーソンは1つのコールに異議を唱えて退場させられるのか?次のレベルの怒った猿だ」とグリーンを批判。

気象予報士のツイートはすでに削除されたというが、ウォリアーズを指揮するスティーブ・カーHCはもはや中傷に慣れっこになってしまったのかもしれない。カーHCはグリーンに対する中傷について、次のようにコメント。fadeawayworld.netが伝えている。

気象予報士がドレイモンドに対して中傷のツイートをしたことに僕が驚いたかって?

この2022年に?

少しも驚かないよ。

これがアメリカだ。

これが我々のやり方だ。

今回の問題については、気象予報士側に非があるのは明らかだ。

グリーンを中傷したように、気象予報士も相当なバッシングを浴びるだろう。

今季のNBAではファンと選手の間で多くの問題が勃発しているが、選手だけでなくファンにも節度を求められるところだ。

【スポンサーリンク】

  • Comments ( 2 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. By 匿名

    そんなことないもん!欧米()には差別もいじめも男女格差もないってネットのみんな言ってたもん!

  2. By 匿名

    調べたら白人の気象予報士やったな

    白人が猿呼ばわりしたら特にアウトやろな

*

CAPTCHA