【スポンサーリンク】

スティーブ・ナッシュHCが負傷離脱のケビン・デュラントについて「深刻度は分からない」

スティーブ・ナッシュHCが負傷離脱のケビン・デュラントについて「深刻度は分からない」

ブルックリン・ネッツのケビン・デュラントは、現地18日に行われたマイアミ・ヒート戦第1Q中に太ももを負傷し、途中離脱した。

ネッツによると、デュラントは太ももの挫傷と診断されたというが、明日中に再検査を受ける予定だ。

そんな中、ネッツを指揮するスティーブ・ナッシュHCがデュラントに言及した模様。

ナッシュHCによると、デュラントの怪我の深刻度については明日にならないと分からないという。ナッシュHCのコメントをESPNが伝えている。

彼は痛みを訴えていた。

どれくらい深刻かは分からない。

彼が朝起きた時にどう感じるか見てみよう。

それからだ。

ネッツはロード3連戦の初戦を終えたばかりであり、同20日にニューオーリンズ・ペリカンズ、同21日にトロント・ラプターズとのアウェイゲームを控えている。

ナッシュHCによると、デュラントが残り2試合の遠征に帯同するか、ブルックリンに戻って治療に専念するかは未定だという。

おそらく明日の検査結果次第となるだろう。

とにかく悪い結果がでないことを祈りたいところだ。

なお、今季のネッツは主力選手たちの負傷離脱が相次いでおり、デュラント、カイリー・アービング、ジェイムス・ハーデンが共にプレイしたのはわずか7試合となっている。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA