【スポンサーリンク】

NBAがファウルゲームのルール変更に着手?

NBAがファウルゲームのルール変更に着手?

近年のNBAではディフェンスからファウルを引き出し、フリースローで得点を重ねるケースが増えている。

ブルックリン・ネッツのジェイムス・ハーデンやアトランタ・ホークスのトレイ・ヤングがその代表例だろう。

これがオフェンスを有利にし、スコアリングの量産を容易にしているが、NBAはこれを問題視している模様。

ESPNの記者によると、NBAはディフェンスから故意にファウルを引き出す行為を問題視し、現行のルールを変更することを計画しているという。

NBAはゲームそのものにも問題を抱えている。

ほとんどの人が同意しているのは、あまりにもオフェンスに有利になりすぎており、得点が不自然に増加しているということだ。

ジェイムス・ハーデンやトレイ・ヤングのような選手は、現行のNBAのルールでファウルをもらっている。

NBAはオフシーズン中に、彼らのような不自然なシューティングモーションに対処することを計画している。

ファウルゲームによりオフェンスに大きなアドバンテージが生じるようになったのは間違いないだろう。

また、フリースローが増加することによって試合時間が長くなってしまうという問題もはらんでいる。

NBAがルールをどう変更するのか、またそれができるのかは分からないが、もし実現した場合、ハーデンやヤングといったファウルゲームを得意とする選手たちはプレイスタイルの調整を強いられることになりそうだ。

なお、昨季のフリースローアテンプト数トップ20選手は以下の通りとなっている。

順位選手名FT試投数
(1試合あたり)
FT試投数
(トータル)
1ジェイムス・ハーデン11.8800
2ヤニス・アンテトクンポ10.0629
3ルカ・ドンチッチ9.2562
4トレイ・ヤング9.3559
5アンソニー・デイビス8.5525
5ジミー・バトラー9.1525
7デイミアン・リラード7.8518
8デビン・ブッカー7.3509
9ブラッドリー・ビール8.0457
10デマー・デローザン6.6451
11スペンサー・ディンウィディ7.0446
12ジョエル・エンビード8.5435
13ルディ・ゴベール5.9403
14カワイ・レナード7.1402
15バム・アデバヨ5.3382
16レブロン・ジェイムス5.7381
17ラッセル・ウェストブルック6.7380
18ブランドン・イングラム5.9368
19シェイ・ギルジアス・アレクサンダー5.1357
20ジュリアス・ランドル5.5352

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA