【スポンサーリンク】

ウドニス・ハスレムが今季初出場に「楽しかった」

ウドニス・ハスレムが今季初出場に「楽しかった」

マイアミ・ヒートの40歳の大ベテラン、ウドニス・ハスレムが、現地13日のフィラデルフィア・セブンティシクサーズ戦で今季初出場を果たした。

ホームのファンからスタンディングオベーションで今季初出場を称えられながらコートに足を踏み入れたハスレム。

だが、ドワイト・ハワードとの口論でテクニカルファウルを2度コールされ、わずか3分でコートを去ることになってしまった。

しかし、今季限りでNBAを引退する可能性があるハスレムにとって、忘れられない試合になったようだ。

ハスレムはシクサーズ戦終了後、以下のように語ったという。ESPNが伝えている。

楽しかったよ。

コートに出てプレイし、高いレベルでプレイし続けることができるのを示し、チームの勝利を助けることができる。

楽しかったよ。

素晴らしい思い出になった。

もしこれが現役最後のゲームなら、ウドニス・ハスレムの唯一の方法で終えた。

退場で締めくくったんだ。

昨季は4試合、今季は1試合に出場にとどまっているものの、ロッカールームでリーダーシップを発揮し、チームメイトたちを常に鼓舞しているハスレム。

指揮官のエリック・スポエストラHCはハスレムの現役続行を希望しているというが、果たしてハスレムはどのような決断を下すのだろうか?

なお、ジミー・バトラーはハスレムがハワードと激しいバトルを繰り広げたことについて、こう語った。

最高のハイライトだ。

僕は相手との対決や口論、そういったことが大好き。

僕はそれをエネルギーにしているし、チームメイトたちも同じさ。

僕はそうするように言っているんだ。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA