【スポンサーリンク】

タイロン・ルーHC「ラジョン・ロンドとクリス・ポールは嫌い合っている」

タイロン・ルーHC「ラジョン・ロンドとクリス・ポールは嫌い合っている」

ロサンゼルス・クリッパーズのラジョン・ロンドとフェニックス・サンズのクリス・ポールは、NBAを代表するポイントガードとして長年にわたって活躍している。

激しいライバル心がそうさせているのか、それともただ単に性格が合わないだけなのか分からないが、ロンドとポールがNBAキャリアを通してトラッシュトークを展開しているのは周知の通りだ。

クリッパーズを指揮するタイロン・ルーHCによると、ロンドとボールは似た性格を持っているため、常にいがみ合っているという。ルーHCのコメントをclutchpoints.comが伝えている。

彼らは同じタイプの人間なんだ。

君が君自身と対戦する場合、常に何かしらの問題が生じるだろう。

リスペクトの心は間違いなくあると思うよ。

彼らはリーグとキャリアにおいて多くのことを成し遂げてきたからね。

あの2人のポイントガードは負けず嫌いであり、ハイレベルで戦っており、パスでゲームを支配している。

彼らは単に負けるのが嫌いなんだ。

前回の対戦では、ロンドがクリッパーズを勝利に導く働きを見せた。

ロンドは試合後、「相手チームの背番号3番が大きな声で(戦略)を叫んでいたから、僕はそれを読み、チームメイトたちに伝えた」とし、ポールを暗に批判。

だが、今回の対戦ではポールがサンズを勝利に導くパフォーマンスを見せ、ロンド擁するクリッパーズにリベンジした。

ポール擁するサンズと、ポールを嫌うロンド、ポール・ジョージ、デマーカス・カズンズ擁するクリッパーズは、今季のNBAプレイオフで対戦する可能性がある。

もしNBAプレイオフという大舞台で戦うことになれば、フィジカルなバトルとなるのは間違いないだろう。

なお、ポールとロンドの間に確執が生じたのは、2008年のチームUSAのロスターにポールが選出され、ロンドが落選した時からとされている。

当時のポールはニューオーリンズ・ホーネッツをNBAプレイオフ進出に導くも勝ち抜くことができず、一方のロンドはすでにボストン・セルティックスでNBAチャンピオンになった実績を持っていた。

【スポンサーリンク】

  • Comments ( 1 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. By Qposket

    スタッツなんも書いとりゃせんですよ!

*

CAPTCHA