【スポンサーリンク】

ドワイト・ハワード「僕に対する見方を変えたかった」

昨年夏にロサンゼルス・レイカーズに移籍した元オールスターセンター、ドワイト・ハワードは、NBAキャリアを通して初めてベンチの役割を受け入れた。

だが、ハワードは腐ることなくチームの一員として素晴らしいパフォーマンスを見せ、レイカーズの10年ぶりとなるNBAタイトル獲得に貢献。

オーランド・マジック離脱以降は好奇の目で見られることが多かったハワードだったが、昨季はそれを一変させたシーズンだったとも言えるだろう。

ハワード自身、それを目標のひとつに掲げていたのかもしれない。

ハワードは自身について次のようにコメント。clutchpoints.comが伝えている。

レイカーズでの昨季が始まる前、僕は自分に誓ったんだ。

チームのためならどんなことだってやる、喜んでやる、とね。

人々にどのような性格として見られているのか、僕は分かっている。

その見方を変えたかった。

本当の自分を、真の自分の姿を見せたかった。

自分自身が求めるすべてを犠牲にすることによってね。

誰だって長い出場時間を求めるし、大きな役割を求めるし、スコアリングとかそういったものを求めるものさ。

だが、チームが成功するために、僕はドワイトにならなければならなかった。

チームの勝利を助けるために30得点を記録する必要はない。

チームの勝利を助けるために常にコートにいる必要はない。

そのようなマインドに変えなければならなかったし、それが僕とチームを助けることになったんだ。

ハワードはシクサーズでもベンチプレイヤーとして起用される見込みであり、ジョエル・エンビードのメンターとしての役割も求められるだろう。

レイカーズで学び、悟りを開いたハワードには、シクサーズの躍進を支える働きを期待したい。

なお、ハワードの昨季とNBAキャリアスタッツは以下の通りとなっている。

2019-20NBAキャリア
所属チームロサンゼルス・レイカーズオーランド・マジック
ロサンゼルス・レイカーズ
ヒューストン・ロケッツ
アトランタ・ホークス
シャーロット・ホーネッツ
ワシントン・ウィザーズ
出場試合数691113
平均出場時間18.933.5
平均得点7.5
(キャリアワースト)
16.7
平均リバウンド7.3
(キャリアワースト)
12.3
平均アシスト0.71.4
平均スティール0.4
(キャリアワースト)
0.9
平均ブロックショット1.11.9
平均ターンオーバー1.22.8
FG成功率72.9%
(キャリアハイ)
58.6%
フリースロー成功率51.4%56.5%

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA