【スポンサーリンク】

ステフィン・カリー「ウォリアーズ残留が最優先事項」

ステフィン・カリー「ウォリアーズ残留が最優先事項」

ゴールデンステイト・ウォリアーズのステフィン・カリーは、オフシーズン中に延長契約を結ばなければ来季終了後に完全FAになる。

ウォリアーズは数年前まで無類の強さを誇り、5年連続でNBAファイナル進出すると、うち3度NBAチャンピオンに輝くなど素晴らしい結果を残した。

だが、ケビン・デュラントやアンドレ・イグダーラなど主力の移籍、さらにクレイ・トンプソンなど主力の負傷離脱により、昨季は15勝50敗という散々な成績に終わった。

今季もNBAタイトル奪還は難しい状況にあるため、カリーには他チーム移籍の噂が出ている。

しかし、少なくとも現時点でカリーが他チームに移籍することを心配する必要はなさそうだ。

カリーは自身のNBAキャリアについて次のように語ったという。hoopsrumors.comが伝えている。

(ウォリアーズ残留が)常に最優先事項だ。

ダーク(・ノビツキー)やコービー(・ブライアント)のような男たちを見た時、皆が彼らがやったことの意味を語っている。

誰も彼らのことを軽視したりしない。

彼らに畏敬の念を抱いているんだ。

何があるかは決して分からない。

ただ、僕にとって(同じチームでNBAキャリアを終えることは)すごく大きな意味があることだと思っているんだ。

競い続けたいし、チャンピオンを狙えるポジションで戦い続けたい。

どちらも達成することが究極の目標さ。

昨季NBA王者ロサンゼルス・レイカーズのレブロン・ジェイムスは、オールスターゲーム中にカリーを勧誘したと報じられた。

レイカーズは歴史と伝統あるNBA屈指のフランチャイズであり、カリーにとっては大きな魅力があるチームだろう。

だが、カリーがジェイムスの勧誘に応じる可能性は、少なくとも現時点では低いと言えそうだ。

なお、カリーの今季とNBAキャリアスタッツは以下の通りとなっている。

今季スタッツNBAキャリア
出場試合数48747
平均出場時間33.934.3
平均得点30.7
(キャリアハイ)
24.0
平均リバウンド5.5
(キャリアハイ)
4.6
平均アシスト5.96.6
平均スティール1.31.7
平均ターンオーバー3.23.1
FG成功率48.9%47.7%
3P成功率42.2%43.4%
フリースロー成功率92.7%90.7%

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA