【スポンサーリンク】

ヤニス・アンテトクンポ「未来に目を向けることが僕のプライド」

ヤニス・アンテトクンポ「未来に目を向けることが僕のプライド」

ミルウォーキー・バックスのヤニス・アンテトクンポは、フェニックス・サンズとのNBAファイナル第2戦と第3戦で40得点以上を記録するなど、素晴らしいパフォーマンスを見せている。

第4戦と第5戦もチームメイトたちを巻き込みながら素晴らしいプレイを見せ、バックスを勝利に導いたアンテトクンポ。

そのアンテトクンポが、NBAファイナル第5戦の前にマインドのあり方について語った。

アンテトクンポによると、過去を振り返らず未来に目を向けることを常に心がけているという。アンテトクンポのコメントをtalkbasket.netが伝えている。

『僕はすごく素晴らしい』、『30得点を記録した』、『25得点、10リバウンド、10アシストだ』などと考えてしまうものだよね。

すると、その翌日は最悪になる。

分かるかい?

単純なことさ。

それから数日間はひどい状況になってしまうだろう。

過去にフォーカスすると、それが自分のエゴにつながってしまう。

僕はそれが分かったんだ。

未来に目を向けることが僕のプライドだ。

『第5戦ではこれとこれとこれをやる。僕が支配する』

プライドの問題なんだ。

僕は今現在、この瞬間にフォーカスするように心がけている。

それが謙虚ということさ。

期待しない。

コートに出てゲームを楽しむ。

ハイレベルで競い合う。

僕の人生にはそうやって助けてくれる人たちがいた。

僕はそのスキルをマスターしようとしているところなんだ。

今のところはうまくいっているから、やめるつもりはないよ。

アンテトクンポはNBAファイナル第5戦で32得点、9リバウンド、6アシストを記録。

だが、フリースロー成功率はわずか36.4%(4/11)に終わった。

しかし、アンテトクンポはこの結果に悔やむことなく、第6戦に向けて集中力を高めていくことだろう。

なお、アンテトクンポのNBAファイナル第1戦から第5戦のスタッツは以下の通りとなっている。

第1戦第2戦第3戦第4戦第5戦
出場時間35:2140:0837:4042:4940:34
得点2042412632
リバウンド171213149
アシスト44686
スティール21130
ブロック13020
TO33110
FG成功率54.5%
(6/11)
68.2%
(15/22)
60.9%
(14/23)
57.9%
(11/19)
60.9%
(14/23)
3P成功率50.0%
(1/2)
20.0%
(1/5)
0%
(0/2)
0%
(0/2)
0%
(0/1)
FT成功率58.3%
(7/12)
61.1%
(11/18)
76.5%
(13/17)
50.0%
(4/8)
36.4%
(4/11)
+/-+1+3+20+3-7

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA