【スポンサーリンク】

カワイ・レナードが来年夏の去就について「オプション破棄が最善」

カワイ・レナードが来年夏の去就について「オプション破棄が最善」

フランチャイズ初となるNBAタイトル獲得を目指すロサンゼルス・クリッパーズは先日、オールスターフォワードのポール・ジョージと4年1億9000万ドルの延長契約を結んだ。

これにより、NBAを代表するスーパースターであるカワイ・レナードの去就に注目が集まっている。

レナードのNBA2021-22シーズンの契約は3600万ドルのプレイヤーオプションとなっているが、現時点ではオプションを破棄し、FA市場を試す可能性が高いと言えそうだ。

レナードは来年夏の去就について次のようにコメント。RealGMが伝えている。

僕が健康な状態なら、プレイヤーオプションを破棄するのが最善の決定だ。

だが、それは(クリッパーズに)残留する、もしくは離れるという意味ではないよ。

今は新シーズンに集中している。

前にも言ったように、時期が来たら話し合うことになるだろう。

全員がチームのコンセプトに賛同しようとしている。

全員がそれぞれの役割において勝者になることを重視したい。

レナードにはサンアントニオ・スパーズとトロント・ラプターズをNBAチャンピオンに導いた実績がある。

クリッパーズでもチームをNBAチャンピオンに導く働きが期待されているが、もし新シーズンで結果を残せない、かつNBAタイトル獲得が見込めないと感じたら、他チーム移籍の可能性は十分あるだろう。

とはいえ、クリッパーズはレナードのホームチームだ。

レナードには長くクリッパーズの顔として活躍し、ロサンゼルス・レイカーズとのロサンゼルスバトルを盛り上げて続けてもらいたい。

なお、レナードの昨季とNBAキャリアスタッツは以下の通りとなっている。

2019-20NBAキャリア
出場試合数57524
平均出場時間32.431.0
平均得点27.1
(キャリアハイ)
18.7
平均リバウンド7.16.4
平均アシスト4.9
(キャリアハイ)
2.7
平均スティール1.81.8
平均ターンオーバー2.61.6
FG成功率47.0%49.1%
3P成功率37.8%38.3%
フリースロー成功率88.6%
(キャリアハイ)
85.5%

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA