【スポンサーリンク】

ステフィン・カリー「ドレイモンド・グリーンが助けてくれている」

ステフィン・カリー「ドレイモンド・グリーンが助けてくれている」

ゴールデンステイト・ウォリアーズはクレイ・トンプソンの今季全休となる負傷離脱により、今季も厳しい戦いを強いられると見られていた。

実際に厳しい時間が続いていたものの、エースのステフィン・カリーがNBAキャリアハイとなる62得点でウォリアーズに勝利をもたらすと、続くサクラメント・キングス戦はチームで今季のNBA最多となる41アシストを記録し、2連勝を達成。

ウォリアーズがパッシングゲームを取り戻せたのは、ドレイモンド・グリーンの復帰が大きいのかもしれない。

カリーは今季のNBA最多となる41アシストについて話が及ぶと、次のようにコメント。clutchpoints.comが伝えている。

(41アシストは)良い感じだね。

ドレイモンドが僕たちをすごく助けてくれている。

僕たちをまとめてくれているんだ。

本当に努力してくれている。

それを象徴するシーンは、飛び跳ねながらチームメイトにポジションを指示したところだろう。

このシーンについて、グリーンはこう話している。

すごく重要なことだ。

現実的には彼らはどこに行くべきなのか分かっていないからね。

正しい方向に動くよう支持することが重要なのさ。

ウォリアーズが次に戦うのは、NBAタイトルコンテンダーのロサンゼルス・クリッパーズ。

パトリック・ビバリーやカワイ・レナード、ポール・ジョージ、サージ・イバカといったNBA屈指のディフェンダーを擁するクリッパーズに対し、今のウォリアーズのパッシングゲームが通用するのか試すゲームとなるだろう。

なお、グリーンの今季とNBAキャリアスタッツは以下の通りとなっている。

今季スタッツNBAキャリア
出場試合数3579
平均出場時間22.328.1
平均得点2.08.9
平均リバウンド4.06.9
平均アシスト5.75.0
平均スティール1.31.4
平均ブロックショット0.31.1
平均ターンオーバー1.02.1
FG成功率12.5%
(1/8)
43.5%
3P成功率20.0%
(1/5)
31.9%
フリースロー成功率75.0%
(3/4)
71.0%

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA