【スポンサーリンク】

デマーカス・カズンズがベンチの役割を受け入れる?

ヒューストン・ロケッツはこのオフシーズン中にビッグマンのデマーカス・カズンズとクリスチャン・ウッドを獲得した。

コートにビッグマンを置かない超スモールラインアップは失敗に終わり、新任のスティーブン・サイラスHC指揮下では従来のバスケットボールに戻す見込みだ。

特に注目されるのは長いリハビリを終えたジョン・ウォールとデマーカス・カズンズのケンタッキー大学コンビだが、カズンズはベンチプレイヤーとしての役割を担う可能性がある。

だが、カズンズによると、若く伸び代のあるウッドを信頼すると同時に、ベンチプレイヤーの役割も受け入れるという。カズンズのコメントをclutchpoints.comが伝えている。

Cウッドの成長を助けるために僕はここにいる。

ここに来てからの彼はスポンジのように吸収しているし、若いプレイヤーにあれ以上を求めることはできないよ。

もし僕の名前がシックスマンとして呼ばれるとしても、僕は僕の仕事をする。

僕が気にかけているのはこのロッカールームにいる全員がまとまること。

そして、毎日仕事の準備ができているのを確認することだ。

23歳のウッドは昨季、デトロイト・ピストンズでブレイクのシーズンを送った。

まだ若く、さらなる成長が期待できるため、メンターともなれるカズンズの存在はプラスに働くだろう。

一方、NBAゲームから長く離れているカズンズにとっても、ベンチメンバーとして徐々に身体を慣らしていくのが最適なのかもしれない。

なお、ウッドとカズンズのNBAキャリアスタッツは以下の通りとなっている。

C・ウッドD・カズンズ
出場試合数113565
平均出場時間16.232.0
平均得点9.521.2
平均リバウンド4.810.9
平均アシスト0.63.2
平均スティール0.41.4
平均ブロックショット0.71.2
平均ターンオーバー1.03.5
FG成功率54.6%46.1%
3P成功率36.8%33.2%
フリースロー成功率73.4%73.7%

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA