【スポンサーリンク】

ドレイモンド・グリーンが退場処分について「30歳の男がやるべきことではなかった」

ドレイモンド・グリーンが退場処分について「30歳の男がやるべきことではなかった」

ゴールデンステイト・ウォリアーズのドレイモンド・グリーンは先日のシャーロット・ホーネッツ戦最終盤に、2度のテクニカルファウルで退場処分となった。

ゴードン・ヘイワードとボールの奪い合いになった第4Q残り9.3秒、レフェリーはジャンプボールではなく、ホーネッツのタイムアウトを認めた。

これに激昂したグリーンは2度のテクニカルファウルで退場。

その直後、ホーネッツのテリー・ロジアーに決勝ジャンパーを決められ、ウォリアーズは敗れてしまった。

指揮官のスティーブ・カーHCは試合後、グリーンの行為について「彼は一線を越えてしまった」としながらも、グリーンの情熱と闘争心を評価。

チームメイトたちもグリーンをサポートしたというが、グリーンによると、自身の大人げない行為に辟易し、チームメイトたちに謝罪したという。グリーンのコメントをclutchpoints.comが伝えている。

30歳の男がやるべきことではなかった。

チームメイトたちにはサポートに対する感謝の気持ちを伝えた。

だが、僕の行為はサポートされなくても仕方ない。

2016年の(クリーブランド・キャバリアーズとの)ファイナルの1試合出場停止処分以上に自分自身に失望した。

なぜなら、今回のことは僕自身にコントロールできたことだったからね。

当時は25歳で今は30歳だ。

だが、今も言い過ぎてしまっている。

NBA屈指のディフェンダーでありプレイメイカーであるグリーンが自身をコントロールし、退場処分を避けていたなら、ウォリアーズに勝利のチャンスがあったかもしれない。

だが、ひどく落ち込んだというグリーンが同じ過ちを犯すことはさすがにもうないだろう。

グリーンには次のニューヨーク・ニックス戦でウォリアーズを勝利に導くパフォーマンスを期待したいところだ。

なお、グリーンの今季とNBAキャリアスタッツは以下の通りとなっている。

今季スタッツNBAキャリア
出場試合数26602
平均出場時間29.228.2
平均得点5.28.8
平均リバウンド5.76.8
平均アシスト8.1
(キャリアハイ)
5.1
平均スティール1.31.4
平均ブロックショット0.71.0
平均ターンオーバー2.62.1
FG成功率35.9%43.3%
3P成功率22.4%31.6%
フリースロー成功率67.6%70.9%

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA