【スポンサーリンク】

ブルズがサディアス・ヤングに対するトレードオファーを断る

ブルズがサディアス・ヤングに対するトレードオファーを断る

NBAキャリア14年目を迎えているシカゴ・ブルズのサディアス・ヤングは、若手が多いブルズをリーダーとして牽引している。

特にディフェンスでの貢献が大きく、またサラリーが高額ではないため、多くのNBAチームがヤングをトレードで獲得することを狙っているという。

だが、ブルズはヤングを重要な一員とみなし、よほどなことがない限り手放すことはなさそうだ。

The Ringerによると、ブルズのバスケットボールオペレーション部門副代表のアルトゥラス・カルニソバスは各NBAチームに対し、ヤングをトレードで放出することはないと伝えているという。

ブルズはシーズン前半を16勝18敗、イースタン・カンファレンス9位で終えた。

NBAプレイオフ進出の可能性は十分あるため、貢献度が高いヤングを放出する理由はないだろう。

ただし、ブルズがトレード期限の現地3月25日にかけて成績を落とした場合、再びトレードの噂が浮上することになりそうだ。

なお、ヤングの今季とNBAキャリアスタッツは以下の通りとなっている。

今季スタッツNBAキャリア
出場試合数30995
平均出場時間25.330.2
平均得点12.113.1
平均リバウンド5.95.9
平均アシスト4.4
(キャリアハイ)
1.7
平均スティール1.41.5
平均ターンオーバー1.91.5
FG成功率60.9%
(キャリアハイ)
50.1%
3P成功率22.7%33.2%
フリースロー成功率50.0
(キャリアワースト)
66.6%

【スポンサーリンク】

  • Comments ( 1 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. By 匿名

    毎回楽しみに読ませてもらってます。
    RSSリーダーに更新来ても開くと「記事がありません」連発していますが、何か不具合の原因あるでしょうか?

    今は更新通知来ても数日おいてから開くようにしてます

*

CAPTCHA