【スポンサーリンク】

イネス・カンター サンダーとジャズを比較し「まったく違うレベル」

イネス・カンター

出場時間を求めてユタ・ジャズからオクラホマシティ・サンダーへトレード移籍したイネス・カンターだが、サンダーで得ている出場時間はジャズ時代とそれほど変わらない。

にも関わらず、サンダーでのプレイに満足しているようだ。カンターのコメントをThe Oklahomanが伝えている。

 

「俺らはここで勝ってる。俺らはプレイオフのために戦ってる。俺らはチャンピオンリングのために戦ってる。ユタのことはまだリスペクトしてるし、悪く言いたくない。でも、ここは俺が見てきたチームとはまったく違う。まったく違うレベルにあるんだ。俺がオクラホマシティに来た時、NBAが何なのか分かったような気がするよ」

サンダーにトレード移籍して以降、カンターは13試合の出場で平均16.5得点、10.4リバウンド、FG成功率55.9%、フリースロー成功率75.9%を記録。

サージ・イバカが負傷離脱したため、カンターにはより大きな役割が求められるだろう。

サンダーは現在、38勝30敗でウェスタン・カンファレンス8位。
9位のニューオーリンズ・ペリカンズとはわずか0.5ゲーム差と、プレイオフ進出枠を巡ってギリギリの戦いが続いている。

【スポンサーリンク】

  • Comments ( 2 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. By アイウエオ

    そんなに差があるものなんでしょうか・・・。

    • By nba-sweetdays

      コメントありがとうございます(^_^)

      多少は誇張してると思いますが、サンダーはビッグマンやスコアラーがいますからね(^_^;)

*

CAPTCHA