【スポンサーリンク】

NBAキャリア17シーズンのチャウンシー・ビラップス 現役引退を表明!

デトロイト・ピストンズの“ミスター・ビッグショット”こと、チャウンシー・ビラップスが、NBAからの現役引退を決断したと報じられた。

昨年夏、ピストンズと契約する前に「もう2シーズン現役でプレイしたい」と意気込んでいたビラップスだが、ここ3年で169試合を欠場したという現実が現役引退を決断させたのかもしれない。

オールスターに5回、2004年にはNBAファイナルMVPも受賞したビラップスは、次のように話している。

「今がその時なんだ。いつかこの日が来るってことは分かってたよ。まだ現役を続けたいという欲求は強い。でも、3年間健康な状態でプレイできなかったという現実を無視することはできない。まだ挑戦できるとは思うけど、(身体が)もたないと思う」

「ハッピーさ。NBAの試合は俺にとって本当に本当に素晴らしいものだったよ」

1997年のドラフト3位でボストン・セルティックスから指名されたビラップスは、ルーキーシーズン中にラプターズへトロント・トレード。

その後も移籍を繰り返したが、ミネソタ・ティンバーウルブズで開花する。

FAでデトロイト・ピストンズと契約してからも成長を続け、2004年にはNBAタイトルを獲得。
ビラップスはこの年のプレイオフファイナルでMVPに選ばれた。

将来的には殿堂入りを果たす可能性もあるビラップスだが、今後についてはまだ決まっていない模様。

以前は指導者の立場に回りたいと話していたため、どこかのチームとコーチ契約を結ぶこともあるかもしれない。

【スポンサーリンク】

  • Comments ( 2 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. By kobe24

    とりあえずキッドとフィッシャーの様に現役引退してすぐにHCはやめてほしい(・ω・)ノあれは流行ってはいけないことだと思います(・ω・)ノコーチになりたいならACからやって欲しいものです(・ω・)ノ

    • By nba-sweetdays

      コメントありがとうございます(^_^)

      賛成です!
      クリッパーズの頃からアシスタントコーチのような役割もこなしてたので、アシスタントコーチとしてはスムーズに入っていけそうですよね。

*

CAPTCHA