【スポンサーリンク】

ロケッツ サイン・アンド・トレードでレイモン・セッションズ獲りか?

ヒューストン・ロケッツが、サイン・アンド・トレードでミルウォーキー・バックスのレイモン・セッションズ獲得を狙っていると報じられた。

ドワイト・ハワード、ジェイムス・ハーデン、テレンス・ジョーンズ、パトリック・ビバリー、トレバー・アリーザを擁するロケッツは、おそらくプレイオフに進出するだろう。

だが、ジェレミー・リンを放出したことにより、バックアップのポイントガードに不安が残るところだ。

イッシュ・スミスとアイザイア・カンナという2人のポイントガードと契約したものの、両ポイントガードともバックアップとしては力不足かもしれない。

情報筋によると、バックス側もこの話に興味を示しているものの、話し合いはまだ進展していないという。

リンと同様、ディフェンスが不暗視されるセッションズだが、オフェンス力はチームのプラスとなるはずだ。

なお、このトレードが成立する可能性は高いと噂されている。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA