【スポンサーリンク】

ドナルド・スターリンへの処分次第でボイコットの可能性があった?

ロサンゼルス・クリッパーズが苦境に立たされている。

オーナーのドナルド・スターリンが人種差別発言をしたことを受け、NBAはスタリーンの永久追放等の処分を下した。

だが、クリッパーズからはすでにスポンサー企業が撤退を始めている。

スターリンを除くNBA29チームのオーナーが賛成すれば、クリッパーズは強制的に売却されることになるわけだが、クリッパーズ側はNBAが決定した処分について納得しているようだ。

もし納得できない処分をNBAが下したなら、日本時間30日の全3試合がボイコットされる予定だったという。

NBA選手組合の副代表を務めるロジャー・メイソンJrは、記者会見で次のように話した。

「NBAの決定が十分でなければ、選手たちは試合をボイコットするつもりだった。プレイヤーとして、NBAの決定には満足している」

「(クリッパーズの売却を決める)NBAチームのオーナーによる投票について、即時の行動を期待する」

スターリンの人種差別発言問題はまだ終わっていない。

クリッパーズの強制売却が決定したとしても、スターリンには“訴訟”というワイルドカードが残されている。

スターリンの動き次第で、今後の試合でボイコットに発展する可能性もあるのだ。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA