【スポンサーリンク】

ドナルド・スターリン 法廷闘争へ持ち込むか?

NBAのアダム・シルバーコミッショナーが、人種差別発言で問題となっていったロサンゼルス・クリッパーズのオーナー、ドナルド・スターリンに対し、NBAからの永久追放と250万ドル(約2億5600万円)の罰金という厳しい処分を言い渡した。

そして今注目されているのが、クリッパーズの売却だ。

スターリンを除くオーナーの4分の3が賛成票を投じれば、クリッパーズは強制的にスターリン氏の手から離れ、売却されることになる。

シルバーNBAコミッショナーは、次のようにコメント。

「彼(スターリン)を追放するために、NBAチームのオーナーから間違いなく支持を得ることができるだろう」

だが、スターリンにはワイルドカードが残されている。

そのワイルドカードとは、NBAを相手に訴訟を起こすという方法だ。

情報筋によると、スターリンは訴訟を起こす考えがあるという。

もしスターリンがこの問題を法廷闘争へと持ち込むなら、さらに泥沼化するだろう。

一方で、できるだけ高い値段での売却を目論んでいるとも報じられている。

法廷へ持ち込んだとしても、スターリングが勝訴する確率は低い。

だが、その間もクリッパーズのオーナーで有り続けるという点が問題だ。

スターリンが訴訟を起こしたなら、彼の生きる場所自体がなくなるのではないだろうか。

80歳という高齢のスターリンには先を見据えた決断をしてもらいたいものだ。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA