【スポンサーリンク】

ステフィン・カリーがブラッドリー・ビールの50得点について「意識していた」

ステフィン・カリーがブラッドリー・ビールの50得点について「意識していた」

ワシントン・ウィザーズのブラッドリー・ビールは、現地8日のインディアナ・ペイサーズ戦で50得点を記録した。

一方、今季のNBAリーディングスコアラーであるゴールデンステイト・ウォリアーズのステフィン・カリーは、同日行われたオクラホマシティ・サンダー戦で11本の3ポイントを含む49得点を記録。

NBA得点王を争っているビールとカリーは互いに一歩も譲ることなく、激戦を繰り広げている。

カリーによると、ビールが50得点を記録したのを知ったうえでサンダー戦に臨んでいたという。カリーのコメントをESPNが伝えている。

(ビールの50得点のことは)もちろん知っていたよ。

彼が何をしているか、僕は知っている。

彼は間違いなくハイレベルなプレイを続けているよね。

だが、誰かが50得点を記録すると、僕の耳に入ってくるんだ。

間違いなく素晴らしい試合だった。

これを続けていくだけだ。

最初の2本が決まると、そこから自信が別次元になり、雪崩のようになり始める。

僕たちはボールをシェアし、ケアするという素晴らしい仕事をした。

だから、すべてのポゼッションで素晴らしいチャンスを手にすることができたんだ。

ウォリアーズは現地8日の時点でウェスタン・カンファレンス8位。

だが、同9位メンフィス・グリズリーズとは0.5ゲーム差、同10位サンアントニオ・スパーズとは1.5ゲーム差と、油断できない状況が続いている。

カリーには残りの試合でも別次元のパフォーマンスを見せ、ウォリアーズをNBAプレイオフに導いてもらいたい。

なお、今季のNBAの平均得点トップ20は以下の通りとなっている。

順位選手名所属平均得点
1ステフィン・カリーGSW31.9
2ブラッドリー・ビールWAS31.4
3ジョエル・エンビードPHI29.2
4デイミアン・リラードPOR28.6
5ルカ・ドンチッチDAL28.4
6ヤニス・アンテトクンポMIL28.2
7カイリー・アービングBKN27.4
8ザック・ラビーンCHI27.2
9ザイオン・ウィリアムソンNOP27.0
10ドノバン・ミッチェルUTA26.4
11ニコラ・ヨキッチDEN26.4
12ジェイソン・テイタムBOS26.3
13デビン・ブッカーPHX25.6
14トレイ・ヤングATL25.4
15ディアーロン・フォックスSAC25.2
16カワイ・レナードLAC25.1
17ジェイレン・ブラウンBOS24.7
18コリン・セクストンCLE24.4
19ジュリアス・ランドルNYK23.9
20ニコラ・ブーチェビッチCHI23.8

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA