【スポンサーリンク】

サディアス・ヤングがブルズについて「文化と勝利を説くところから始まった」

サディアス・ヤングがブルズについて「文化と勝利を説くところから始まった」

今季のシカゴ・ブルズはNBAプレイオフ復帰の可能性を感じさせた。

ザック・ラビーンがNBAオールスターに初選出され、シーズン中のトレードでNBAオールスタービッグマンのニコラ・ブーチェビッチを獲得するなどし、2016-17シーズン以来となるNBAプレイオフ進出が期待されたブルズ。

だが、シーズン終盤にザック・ラビーンがNBAの健康と安全プロトコルにより離脱してしまい、プレイイントーナメントにも出場することができなかった。

そんな中、ベンテランフォワードのサディアス・ヤングが今季のブルズを振り返った模様。

ヤングによると、今季はフロントオフィスが新体制となり、新加入のメンバーたちがリーダーシップを発揮したという。ヤングのコメントをhoopsrumors.comが伝えている。

チームはリーダーシップと方向性から始まる。

変化とリーダーシップ、組織の方向性という点においては、今季の僕たちは前に進むことができたんじゃないかな。

組織にAK(バスケットボールオペレーション部門副代表のアルトゥラス・カルニソバス)とマーク(・エバーズリーGM)が加わった。

彼らはコンペティターさ。

選手と同じようにひどく勝利を求めているし、すべてを正しい方向に導くことを望んでいるんだ。

彼らはまず、文化と勝利を説くところから始めた。

そしてビリー(・ドノバンHC)を迎え入れた。

ビリーを獲得したのは素晴らしい仕事だったと思うよ。

ビリーの周りには素晴らしいスタッフがいるし、AKとマークは(ブーチェビッチの)トレードを成立させてくれた。

あのトレードは素晴らしい仕事だったんじゃないかな。

NBAプレイオフ進出を逃したブルズは、このオフシーズン中にロスターを調整すると見られている。

ポイントガードのポジションのアップグレードに動く可能性が高く、ロンゾ・ボールが候補のひとりに挙がっているという。

勝利の文化を築き始めたブルズは、来季こそNBAプレイオフに復帰できるだろうか?

なお、このオフにFAになるブルズの選手は以下の通りとなっている。

選手名備考
ライアン・アーチディアコノチームオプション
デボン・ドットソン制限付きFA
クリスティアーノ・フェリシオ完全FA
ジャボンテ・グリーン制限付きFA
ラウリ・マルカネン制限付きFA
アダム・モコカ制限付きFA
ギャレット・テンプル完全FA
ダニエル・タイズ完全FA
デンゼル・バレンタイン完全FA

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA