【スポンサーリンク】

スティーブ・カーHC「子供の頃はレイカーズファンだった」

スティーブ・カーHC「子供の頃はレイカーズファンだった」

今年のアメリカのスポーツ界はロサンゼルスが中心となった。

先月のNBAファイナルはロサンゼルス・レイカーズが制し、MLBではロサンゼルス・ドジャースが優勝。

レブロン・ジェイムスやアンソニー・デイビスなどレイカーズの選手たちもドジャースの優勝を喜び、祝福したが、ゴールデンステイト・ウォリアーズを指揮するスティーブ・カーHCにとっては複雑な年だったと言えるかもしれない。

ロサンゼルスで育ったカーHCはドジャースの優勝を喜んだ一方、レイカーズのファンではなくなったという。カーHCのコメントをlarrybrownsports.comが伝えている。

(レイカーズは)私が応援していたチームだった。

血の中に染み込んでいるものだ。

だが、私はこう言おう。

子供の頃の私はレイカーズファンだったが、今は彼らの味方ではない(笑)

物事は変わっていくものさ。

カーHCはロサンゼルス出身であるものの、現役時代を通してレイカーズのユニフォームを着たことはない。

今はレイカーズのライバルであるウォリアーズを指揮し、レイカーズを追う立場だ。

昨季は厳しい時間を強いられたものの、来季は打倒レイカーズとNBA王座奪還へ向け、全力を尽くすことだろう。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA